増えている歯の病気|いつまでも健康な歯を守るために【歯医者の治療について解説】

増えている歯の病気

歯

歯周病とは

日本では歯周病が深刻な問題となっています。歯周病になる人が増えているだけではなく、その予備軍も年々増加傾向にあるのです。その証拠に、成人の約80%異常は歯周病にかかっていると言われています。歯周病の症状が進行すると歯がグラついてきたり、歯が抜け落ちてしまったり、取り返しのつかない事態に発展する可能性が大きいのです。

歯周病の原因

口の中には約300~500種類もの細菌が存在します。そのため、毎日の歯磨きで口の中を清潔に保つことが大切ですが、ケアを怠ると細菌がネバネバした物質を作り、歯の表面に付着するのです。それがプラークと言われる歯垢となり、歯周病に発展します。歯肉が炎症を起こしたり、ブラッシング時に出血したりなどの症状が現れますが、症状が進行すると歯の根が痛むこともあります。

どんな治療をするのか

残念ながら歯周病に一度なってしまうと完治することはありませんが、進行しないように予防することができます。江坂にある歯医者ではセルフケアでは落とすことができないプラークを除去することができます。また、歯周病の進行状況によっては手術が必要とされる治療もありますが、江坂では状態に合わせた治療ができる歯医者があるので安心です。

広告募集中